So-net無料ブログ作成
検索選択

マンガ「黒執事 4」を読む。あるいはインド英語のリスニング。

今も連載中の「黒執事」。さまざまにお話が展開して、目が離せない昨今でございます。
 
切り裂きジャックのお次は、インド帰りのイギリス人が逆さづりにされる事件が頻発いたします。
こちらの事件にもかかわっていく坊ちゃんとセバスチャンなのですが、それには理由があります。
 
伯爵家は代々、女王の番犬、悪の貴族の異名をとる存在。つまり、裏社会に君臨する超黒幕なのです。それだけに、恨みをかうことも多かったのか、坊ちゃんは幼くして危機に瀕した時、悪魔セバスチャンを呼び出さざるをえなかったのでした。
 
悪魔と手をたずさえて生きていくというのは、なかなか哀しいものですわね。
 
そして、物狂おしい。
 
これらのことには、また後で書くかもしれません。
 
さて、インドがからむ事件でございましたわね。インド…。 
 
今職場では、インドの方々からもわたくしどもをごひいきにしていただいております。そのため、英語を使うこともございますが、
 
わかんねえよ、
 
と悶絶することもはなはだしい。 
 
 悶絶するばかりではお客様に不親切きわまりません。それに、
 
一企業人たるもの、インド英語をリスニングできなくてどうします、
 
と言ってみたい(どっかで聞いたセリフですね)。 ですんで、英会話学校に参りましたの。そこで、先生に悩みを打ち明けたところ、
 

「うんうん、そうだね、僕も聞き取れなかったので、友人になったインド人とは

メールで話してるよ
 
と、恐ろしいことをおっしゃるではありませんか。アメリカご出身の先生さえも…?
 
果たして、インド英語のリスニングの道のりはいかに?
 
ではまた! 
 
黒執事 4 (Gファンタジーコミックス)

黒執事 4 (Gファンタジーコミックス)

  • 作者: 枢 やな
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2008/05/27
  • メディア: コミック

インド英語のリスニング(CD付) (CD BOOK)

 

インド英語のリスニング(CD付) (CD BOOK)

  • 作者: 榎木薗 鉄也
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2012/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


  •  
 ↑まあ、アンチョコもあるんですけどね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

TaekoLovesParis

聞き取れない場合は、メールですね。なるほど、正確を要する場合もメールがいいでしょうね。インド人の英語は弾丸のように耳に響いて、結局、聞き取れなかったり、って、経験ありました。
by TaekoLovesParis (2015-09-23 13:44) 

katsura

Taekoさん、聞き取れるものなら、悪魔と契約してもいいか、と思い悩む今日この頃です。
by katsura (2015-09-23 21:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。